MENU

よくあるご質問

染め方について

おすすめの染料について

Question 01 綿65%とポリエステル35%の混紡品を染めたいのですが…。
85℃以上のお湯に、熱湯で溶かしたコールダイホットを入れ、さらに食塩を入れ染めます。ポリエステルの部分が薄く染まりますが、濃く染めたい時には別売りの濃色促進剤を加えて加熱染色すると濃く染めることができます。
Question 02 綿60%、ポリエステル37%、ウレタン3%のトレーナーを染めたいのですが…。
ウレタンの含有比率が少ないため、お酢は使わず綿とポリエステルの混紡品同様に(Q1答え)85℃以上のお湯に、熱湯で溶かしたコールダイホットを入れ、さらに食塩を入れ染めます。ポリエステルの部分が薄く染まりますが、濃く染めたい時には別売りの濃色促進剤を加えて加熱染色すると濃く染めることができます。

ウレタンも染めるならば、上記の工程後、トレーナーを染め液から取り出し、染め液に食酢を加えます。そこへ生地を戻して染めます。
Question 03 染色するための大きな容器が無いのですが…。
みやこ染の染色器をご用意しております。
また、市販のポリバケツ、段ボール箱、石油缶、発泡スチロールの保冷箱、プラスチックの衣装ケースを使っても染めることができます。段ボールを使う場合は、45リットルのゴミ袋を2重または3重にかぶせ、水が漏れないようにして使用します。

※ただし、ポリエステル100%品を染める場合、ポリエステルダイを使って加熱しながら染色するため、加熱可能な鍋などが必要です(加熱染色する場合は、段ボール箱などの代替品の利用はできません)。
Question 04 綿のTシャツを染めてみたものの、ムラができてしまいました。何故でしょうか?

原因として考えられるのは、

  1. 乾いたままのTシャツを染め液へ入れてませんか?
    必ず濡らし、軽く絞って広げてから、Tシャツ(生地)を染め液へ入れてください。
  2. 染色中に攪拌(かくはん)しましたか?
    攪拌(かくはん)せず、染め液に浸したままだとムラができてしまいます。
  3. 染料を熱湯でよく溶かしましたか?
    充分溶けていないと、染料の粉が点々とTシャツ(生地)に付着してしまいます。
  4. 染めるお湯の量は指定通りでしたか?
    お湯の量が少ないとうまく攪拌(かくはん)できない場合があります。
Question 05 ムラ染めになってしまったら、どうすれば良いのでしょうか?

方法としては、

  1. 同系色の濃い色でもう一度上から重ね染めをする。
  2. 脱色して染めなおす。色抜きには、みやこ染の脱色剤をご利用ください。
Question 06 柄のある布地をブラックで染色し、柄をなくすことはできますか?
ブラックで染めても柄を完全に消すことはできません。
Question 07 素材表示のないものを染めたいのですが…。
まず、85℃以上のお湯に、熱湯で溶かしたコールダイホットを入れ、さらに食塩を入れ、別売りの濃色促進剤を加え15分加熱染色してみます。
よく染まっていないようならば、生地が綿・麻・レーヨンなどの植物繊維、ポリエステルでなく絹・毛・ナイロンなどの動物繊維の可能性があるので、生地を染め液から取り出し、染め液に食酢を加えます。そこへ生地を戻して染めます。
Question 08 淡色に染める場合、染料は少なくても良いのでしょうか?また、時間も短縮して良いのでしょうか?
染料は少量にしてください。時間は、規定時間が必要です。
また、食塩・お酢は規定量を使用してください。
Question 09 一度使った染め液を使って、もう1度同じ素材を染めることはできますか?
染めた残液に色が残っていますが、同じような色には染まらず、淡色になります。
Question 10 染色中に手に色がついてしまいましたが、どうしたら落とせますか?
人体に害は無いので、ご安心ください。
入浴などで自然に落ちますが、ぬるま湯を使って石鹸でよく洗ってください。
Question 11 説明書に「ソーピング(洗い)は台所用液体中性洗剤を使用」との説明がありますが、洗濯用洗剤は使えませんか?
洗濯用洗剤でも、漂白剤の入っていない中性のものなら使えます。
Question 12 布地に誤って漂白剤を垂らしてしまい、部分的に色が抜けてしまいました。
隠すために染めてみたいのですが…。
同系色で全体を染めても、色が抜けてしまったところは漂白剤の成分が残っているので、均一に染めることはできません。
そこで、染色前に洗濯用洗剤を色が抜けてしまった部分にだけつけて手でよくもみ洗いをします。
さらに、みやこ染の脱色剤で全体を脱色して染めなおすと色が抜けた部分が目立ちにくくなります。
Question 13 衣類のボタンをつけたまま染めても良いのでしょうか?
ボタンの材質によっては、染まってしまうこともあるので、大事なボタンはとりはずしてから染めた方が良いでしょう。
Question 14 染料を混ぜて使ってもかまいませんか?
異なる種類の染料を混ぜることはできませんが、コールダイオールコールダイホットであれば混ぜて使うことはできます(少量残ったため、有効活用をされたいという場合)。
その際の染色は、温度の高いコールダイホットを基準としてください。
また、混合色を作るには、淡い色に濃い色を少しずつ加えて作ってください。
同じ色であってもそれぞれ配合比率が異なりますので、標準の色にならない場合もあります。
コールダイオールではポリエステルが染まらないため、コールダイオールコールダイホットを混ぜた場合は薄くしか染まりません。
Question 15 染色できないものはありますか?
洗濯表示でドライマークが付いているものや染色不向きな素材(アクリル・アセテート)は形が崩れたり、縮んだりする可能性があります。
また、防水または撥水加工がしているものは、染料が浸透しません。
Question 16 ミカノールはどの素材でも色止めできますか?
コールダイオール・コールダイホットまたは直接みやこ染ECOで染めた綿・麻・レーヨンなどの植物繊維に有効です。
Question 17 染色対象の種類別におすすめの染料を教えてください。
素材の種類 染料 特徴
●綿
●麻
●ビニロン
●レーヨン(キュプラ)
●白木
●竹
コールダイオール ●30℃以上で染まる
コールダイホット ●85℃以上で濃く染まる
堅牢スレン建染め染料 ●日光・洗濯・摩擦に強い
技法用染料リアクト ●発色がきれい
●ウール
●絹
●ナイロン
●ポリウレタン
コールダイオール ●30℃以上で染まる
コールダイホット ●85℃以上で濃く染まる
●ポリエステル混紡 コールダイホット ●濃色促進剤を使って90℃程度で加熱染色
※濃色促進剤はポリエステルダイには同梱されています。コールダイホットの場合は別売りの濃色促進剤をお使いください。
●ポリエステル100% ポリエステルダイ
●和紙 和紙ぞめカラー ●そのまま使える液体タイプ
●なめした皮 アルス(皮革用染料) ●そのまま使える液体タイプ
●布
●紙
●⽊(⽩⽊)
アリテックス
(⼿書き顔料・スプレー顔料)
●チューブ⼊り:模様染め、名前書きに
●リキッド、パステル:広い⾯積を塗るときに便利
●スパークリング:⼿書き染めやステンシルのアクセントに
●カラーDYE:ペンタイプで細・太線⾃由にソフトに染める。名前書きに最適
※混色自由、粘度調節可能(カラーDYEを除く)。
TEL:0120-385-289
メールでのお問い合わせ
Question 18 染色法からおすすめの染料を教えてください。
染色法 おすすめの染料・顔料
浸染 コールダイオール
コールダイホット
堅牢スレン建染め染料
技法用染料リアクト
グラデーション染め
絞り染め
タイダイ染め 技法用染料リアクト
ろうけつ染め 着色には技法用染料リアクト
地染めには堅牢スレン建染め染料
平成夢しぼり 技法用染料リアクト
和紙染め 和紙ぞめカラー
手描き染め アリテックス(水溶性アクリル顔料)
  1. チューブタイプ
  2. リキッドタイプ
  3. メタリックカラー
霧吹き染め
版染め
ステンシル アリテックス(水溶性アクリル顔料)
  1. チューブタイプ
  2. リキッドタイプ
  3. メタリックカラー
布染めスプレー
スプレーアート