columnコラム

2018.04.16

染色基本のき 染める前に知っておきたいこと・・・

 今回はお客様からいただいたお問い合わせに対して、必ず伺う項目を2つご紹介いたします。

 まず一つは、「どんな素材を染めるか」ということ。素材には綿やウールなど様々な繊維があります。

最近では、綿とポリエステルの混紡なども多いですよね。

 なぜ、伺うのか ・・・。

繊維によって、染料や助剤が違うからです。

 例えば、画像の洗濯表示のお洋服だったら?

 答えは・・・

 染料は、綿100%なので、気軽に色々染められる「コールダイオール」気軽に濃く色々染められる「コールダイホット」堅牢度の高い「堅牢スレン建染め染料」「技法用染料リアクト」の中から、お客様のお好みのものを選ぶことができます。

 ただし、洗濯液の上限温度が40℃なので、85℃以上で染めるコールダイホットはお勧めしません。

 また、「コールダイオール」「コールダイホット」で綿を染めた場合は色止めに「色止剤ミカノール」をご用意いただくと良いでしょう。

「ミカノール」の使い方などについては、またの機会にお話しします。


 続いての洗濯表示は、どうでしょうか?

 繊維が絹とカシミア(毛)が入っています。両方とも動物繊維ですね。

正解は、染料は低温で手軽に染まる「コールダイオール」お湯で濃く染まる「コールダイホット」または動物繊維専用の「酸性みやこ染」。

助剤はどちらの染料もお酢になります。

度物繊維を染める場合は「色止め剤ミカノール」は必要ありません。


続いて伺うのは、染めたい素材の重さです。

その重さによって染料や染め液(素材を染めるお湯の事)の量が決まるからです。

例えば、画像のお洋服は160g。コールダイオールで染める場合の染料と染め液の量を算出してみましょう。

今回は素材が160gなので

染料は素材の重さの8%  160 X0.08=12.8  約13g

染め液は素材の重さの30倍 160×30=4800  約5ℓ 必要となります。(染め液は染料を溶かす熱湯500㎖含む)

※コールダイオール1瓶(20g)で染められる素材は250g(Tシャツ2枚分)

目安で染められる方もいらっしゃいますが、規定量から大幅に外れるとムラに染まったり

淡くしか染まらなかったりします。


みやこ染で、お客様に染色の楽しさ・素晴らしさを少しでも感じて 頂ければ、幸いです。                               

今回の染料などの詳細は・・・

コールダイオール コールダイホット 堅牢スレン建て染め染料  技法用染料リアクト

スレン安定補助液  酸性みやこ染  色止め剤ミカノール 

online shop online shop

Online shop桂屋ファイングッズ オンラインショップ

東京都中央区日本橋小舟町14-7
(代表)03-3662-5611

お問い合わせはこちら

お電話でのご注文・お問い合わせは

0120-385-289

※平日(土日祝日を除く)
10:00-12:00 13:00-17:00