columnコラム

2021.07.10

ポリエステル繊維の染め方

ポリエステル繊維の染め方 


ポリエステル繊維の3つの染め方をご紹介します。

ポリエステル繊維は高温でないと染まりにくく、加熱染色(下記①②)がお勧めですが、

ポリエステル以外の繊維との混紡品などの染色は③がお勧めの場合もありますので、

染められる素材をあらかじめ良く確認しましょう。


 

①最も濃く染まる、ポリエステルダイでの加熱染色

        

      ポリエステル100%繊維を染色した例

 ※同じポリエステル繊維でも染まり具合はちがいますので、あくまでご参考としてください。

 

ポリエステルダイに同梱の濃色促進剤を加え、染色温度 90℃程度に保って加熱染色する染め方です。


②濃く染まる、コールダイホット+濃色促進剤での加熱染色

          

    ポリエステル100%繊維を染色した例

 ※同じポリエステル繊維でも染まり具合はちがいますので、あくまでご参考としてください。

 

コールダイホット とは別売の濃色促進剤を加えて、染色温度 90℃程度に保って加熱染色する染め方です。


③淡く染まる、コールダイホットでお湯染め(非加熱染色)

素材により、かなり淡色に染まりますので、できるだけ加熱染色をおすすめしています。

      ポリエステル100%繊維を染色した例

 ※同じポリエステル繊維でも染まり具合はちがいますので、あくまでご参考としてください。

 

染め始めは85℃以上のお湯を使って鍋・バケツなどで染色する方法です。

ポリエステル以外の繊維との混紡品などの染色は、こちらがお勧めの場合もありますので、

染められる素材をあらかじめ良く確認しましょう。

 

online shop online shop

Online shop桂屋ファイングッズ オンラインショップ

東京都中央区日本橋小舟町14-7
(代表)03-3662-5611

お問い合せはこちら

お電話でのご注文・お問い合わせは

0120-385-289

※平日(土日祝日を除く)
10:00-12:00 13:00-17:00