columnコラム

2018.09.19

みやこ染を探せ!!<染料瓶いろいろ>の巻

レトロな瓶のコレクターの方から「みやこ染」の歴代の瓶の画像が送られてきました!!
桂屋ファイングッズでの当染料についての古い記録は、戦時中の空襲や関東大震災などにより
消失しており、残念ながら昭和30年代以前の資料がないので、いつの時代に作ったものなのか不明ですが、おしゃれな瓶です。
一番左が一番古い染料と推測されます。
中央右側緑の蓋の「直接染料」と右側茶色の「酸性染料」は現存する1950年代のカタログに掲載されている蓋の仕様です。1980年代になると、ガラス瓶からプラスチック製の瓶に変わっており、その後、両染料ともに徳用サイズのみ販売されるようになりました。
今回、本社所蔵の大正時代の色見本も合わせてご紹介します!経年劣化しているものの、90年経っても綺麗な色に染まっています。

「發明セシ」などの歴史的仮名遣いも昭和21年に現代仮名遣いに変わっています
昭和21年に横書きは左から書くように統一されました
大正時代の生地見本 (本社somenova 所蔵)


みやこ染のグッズを投稿してください!!

当時のガラス瓶、看板、染料箱などなど、
みやこ染関連のレトログッズを桂屋ファイングッズinfoまで投稿してください。
mail:info@katsuraya-finegoods.com

皆様からの画像をお待ちしております。

なお、弊社といたしましては、お送り頂く画像に関する肖像権、著作権等の法律問題についての責任は負いかねますので予めご了解ください。
画像送付者ご本人様において、画像に関する肖像権、著作権等の法律問題が生じないように、予め、弊社ホームページ掲載にあたり関係者のご承諾を得ていただきますようお願い申し上げます。

online shop online shop

Online shop桂屋ファイングッズ オンラインショップ

東京都中央区日本橋小舟町14-7
(代表)03-3662-5611

お問い合せはこちら

お電話でのご注文・お問い合わせは

0120-385-289

※平日(土日祝日を除く)
10:00-12:00 13:00-17:00