MENU

染め物ブログ

2017/01/05

竹藝家 中臣一氏 みやこ染で竹を染める

竹藝家 中臣一氏 みやこ染で竹を染める
みやこ染の染料は染色のお好きな方、プロの方にもファンがいらっしゃることはとても光栄なことです。竹藝家で目下大活躍をされている中臣一さんも、そんなお一人でいらっしゃいます。
『竹染めは塩基性染料と分散染料を使うのが一般的ですが、竹自体が自然素材であるため、出来るだけ環境に負荷の無い染料を選んでいます。
みやこ染の染料は色味が優しく、色落ちが少ないだけでなく、匂いも少ないので竹染めには最適で愛用しています。海外の竹藝家仲間にもとても好評です。
下の写真の作品はみやこ染のコールダイオール レッドを使って染めています。落ち着いた、どこか懐かしい、色合いがとても気に入っています』
こういうコメントを頂くとほんとに嬉しいですね、社員一同の励みになっています。中臣さん、ますます素敵な作品づくりにご活躍のこと、お祈りいたします!

プロフィール

1974年大阪府生まれ。竹藝家。早稲田大学商学部卒業。大学在学中に人間国宝の生野祥雲斎らの作品に魅了され、竹藝を志す。 大分県立竹工芸訓練センターで竹工芸の基礎を2年間学んだ後、竹藝家の本田聖流氏に師事。2005年に独立し、現在は大分県竹田市を拠点に創作活動を行う。 ボストン美術館をはじめ、国内外の美術館及びギャラリーで作品を発表するほか、ロンドンやニューヨークの国際アートフェアにも出品。 また、ホテルや商業施設などの公共空間のアートワークを手掛けたり、異分野のクリエイターとコラボレーションを行うなど幅広く活動中。
selected projects & exhibitions

2016 上七軒 HITOYADO(京都)・アートワーク制作 [ MORE ]
2016「REVALUE NIPPON PROJECT展」パナソニック汐留ミュージアム(東京)
2014 リッツカールトン東京・壁面アートワーク制作 [ MORE ]
2013 個展「新しい竹のかたちを求めて」桜SHOP銀座店(東京)
2013 Revalue Nippon Project & Charity GALA with GUCCI [ MORE ]
2012-2016 "Modern Twist", 北米巡回
2010 ボッテガ・ヴェネタ特別展, Salone Del Mobile(イタリア)
2009「竹つれづれ展」とらや東京ミッドタウン店ギャラリー
2008 "New Bamboo", JS Gallery(ニューヨーク)
2007-2008 "East Weaves West", イギリス、オランダ巡回
2007 "The Next Generation", サンフランシスコ・アジア美術館
2006 "Hin: The Quiet Beauty of Japanese Bamboo Art", Faulconer Gallery(アメリカ)
2006 "Beyond Basketry: Japanese Bamboo Art", ボストン美術館
出展:氏のホームページ

  • 一覧に戻る

おススメ商品

550円 (税込)

コールダイホット エンジ

詳細
550円 (税込)

ネオンミスト スターライト(蛍光イエロー)

詳細
968円 (税込)

タイダイエコバッグ(マルシェA )

詳細
638円 (税込)

ピグティント ピンク

詳細
825円 (税込)

ピグティント ラメ ゴールド

詳細
  • 550円 (税込) コールダイホット エンジ 詳細
  • 550円 (税込) ネオンミスト スターライト(蛍光イエロー) 詳細
  • 968円 (税込) タイダイエコバッグ(マルシェA ) 詳細
  • 638円 (税込) ピグティント ピンク 詳細
  • 825円 (税込) ピグティント ラメ ゴールド 詳細