染め物ブログ

2017/09/24

菊ののれん

菊ののれん
日に日に秋も深まってまいりました。染色体験スペースsomenovaそめのば(東京都中央区日本橋小舟町14ー7)は、桂屋第一ビルの5階にあります。エレベーターが開くと、絞り染め作家 岩崎香氏が寄贈してくださったのれんがお客様を最初にお出迎えします。

季節を感じさせてくれる のれん

都会では雑多なビルに囲まれ、なかなか季節を感じることができなかったりしますね。そこで、somenovaでは非日常のひと時を染色を通してゆったりと楽しんで頂きたいと思っております。ご来館のお客様にまず四季を感じていただければと季節ごとにのれんを換えています。
関東では初めてといわれる絞り染め作家の岩崎香氏よりご寄贈いただいた四季ののれん。春は「桜」夏は「海」秋は「菊」・・・。季節と共に繊細な絞りの技をご覧いただきます。

今回使っていただいた染料は・・・

堅牢度が高い「みやこ堅牢スレン染料」
「70〜80回洗っても色落ちすることがない」と岩崎氏。植物繊維(綿・麻・レーヨン)用の建て染め染料で日光・洗濯・摩擦堅牢度が高くろうけつ染め・絞り染めに最適。ジーンズ・Tシャツなどの染色にもお使いいただけます。オンラインショップでお買い求めいただけます。
ぜひ、染色体験スペースsomenovaにワークショップなどでお越しいただいた際に素晴らしい日本の伝統技法素晴らしい「絞り」をご覧ください。

  • 一覧に戻る