桂屋・みやこ染について

みやこ染について

ロゴについて

桂屋の歴史

有名な歌川広重の“日本橋”の絵

1890年(明治23年)、桂屋ファイングッズ株式会社は東京の日本橋にて誰もが染められる染料の提供を目指して創業しました。

創業者、青山力之助

創業者である青山力之助は1872年(明治5年)に、かつての山形藩江戸詰め家老の家に生まれました。しかし侍の時代は既に終わり、彼は12歳の時に染料商家の家に奉公に出たのです。それから彼は染料を学び、誰よりも懸命に働き染料の改善に励みました。その甲斐あって、彼は奉公先の商家の一番弟子として認められ、日本橋で独立を果たしたのです。

1896年(明治29年)、力之助は家庭用染料”みやこ染”の販売を開始しました。品質に妥協せず、最高の染料を追求し、価格も極力安くすることで、少しでも多くのお客様により良い染料を提供することに努めました。

桂屋、二代目社長 青山為太郎

1915年、力之助が44歳で逝去すると、息子の青山為太郎が後を継ぎ、1922年(大正11年)には桂屋商店として法人としての設立登記を果たしました。

当時は物不足の時代であり、桂屋の家庭用染料は古い衣類の染替えという当時の需要に大いに合致致しました。

当時珍しかった“みやこ染”のガラス瓶

青山為太郎は染料の対象を綿や絹から毛にも広げ、染料の容器に当時では珍しいガラス瓶を使用したところ、その取り扱いのし易さから全国に流通し、”みやこ染”ブランドは日本中で親しまれるブランドになりました。

染料は学校の教科に取り入れられるほど必要不可欠なものでもありましたが、為太郎は他社に先駆け、染料教室を始めるなどし、”みやこ染”は古い衣服の染替えを望む多くの人を魅了しました。

1956年、当時の雄鶏社が人気の
“みやこ染”を特集した染色テキスト

原料を選定する当時の技術陣の様子

昭和初期の染め姿

東京日本橋、堀留公園沿いの本社

その後も、家庭で使いやすい染料の開発を続け、現在でも他に類のない画期的な全繊維用染料コールダイオールの発売や環境に配慮し、EU(欧州連合)の厳しい規制をクリアする有害指定化学物質を含まないECO染料を発売し、今日に至ります。

沿革

会社概要

会社名 桂屋ファイングッズ株式会社
本社所在地 東京都中央区日本橋小舟町14-7(アクセスマップ)
代表者 名誉相談役 青山甲子郎、代表取締役社長 青山伸一
TEL (代表)03-3662-5611
FAX 03-3662-5615
メールアドレス
営業時間 8時30分〜17時15分(土日祝日を除く)
資本金 9,927万円
事業内容 有害指定化学物質を含まない家庭用ECO染料・学校教材用染料等・防虫剤・防臭剤・尿石附着防止剤の製造・販売
事業所・営業所 【茅ヶ崎事業所】
所在地:神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎3丁目1-23
電話:0467-83-4171
主要取引先 東急ハンズ、ユザワヤ、オカダヤ、ABCクラフト、トライアムサンカクヤ、全国手芸店
LIXILビバ、ジョイフル本田ジョイフル2、他全国ホームセンター等
主要取引銀行 みずほ銀行日本橋支店・三井住友銀行日本橋支店

アクセスマップ